アフィリエイトのレビューの役目とは、他者からの評価を参考に決めている

こんにちは。はなみちです。

こちらは、Twitterへのツイートです。

本をアマゾンなどで買う時、必ず購入者のレビューを読みます。


タイトルや中身を見て良さそうだなと思っても、 レビューがイマイチだったり良くないと購入をやめます。

レビューが良かったりすると、即決断して購入をします。

本屋さんは立ち読みができますが、ネットでは見ることができないので、「 レビューが決め手」になります。


楽天でホテルを選ぶ時も、必ずレビューを参考にしたりしています。

本の購入に限らず、Amazon や楽天で購入している物は全て、「レビューの良し悪し」で決めているかと思います。

レビューで買う買わないを決める、それぐらい「レビュー」というのは重要です。


他者からの評価を参考にその情報への評価を決めている


自分達は、「他者からの評価を参考にその情報への評価」を決めています。

「他者からの評価 を参考にして、判断している」のは、商品だけじゃなく、人への評価、スポーツや政治、恋愛、人間関係、全てにおいてです。



Twitterの例を出すと、

フォロワー100人の人より、フォロワー1000人の人、フォロワー1万人の人の方が、「多くの人から評価されている」と見えて、影響力がある、いい事発信しているとイメージします。


アフィリエイターの商品レビューの目的は?

アフィリエイターは、「販売が仕事」ではなく、「商品の販売ページへの誘導」が仕事です。

売るのは販売ページで、誘導がアフィリエイターの仕事です。

「興味を持たせてクリックしてもらう」事です。

アフィリエイターの書く文章やレビューで、記事を読んでいる人に「興味を持たせる」事もできれば、「欲しくさせる」事ができます。

「その商品を使っているところを想像させる」、 「使った後どうなるかをイメージさせる」事で、欲しくさせる事ができます。

「興味を持ってもらう事」が目的なので、自分が実際に商品を購入して、使った感想レビューを伝える事で、商品の販売ページに誘導する事ができます。


アフィリエイターの商品レビューは、興味を持たせて、販売ページへの誘導するのが目的です。

商品の詳しい情報などは、販売ページに書かれてあります。

検索をする人は、販売ページに書かれていない、「使ってみた感想」などを知りたいわけです。

アフィリエイターの商品レビューを見ているうちに購入していた


私も、アフィリエイターの方のブログを見ている時、いつの間にか買っていた時があります。

最初は買う気も、買う予定もなかったのが、いつのまにか、「ある商品を買おうかどうか」と考え始め、何日も考えたあげく、アフィリエイターさん経由でその商品を購入しました。


購入予定じゃなかったのを、「何で購入したのか」を考えた時。

アフィリエイターの人のブログを読んでいるうちに、「その商品に興味を持ち、使っている自分を想像して、購入に至った」事に気が付きました。

上手なアフィリエイターによって、「興味を持たされ」「使っている自分を想像」して、「その先も想像して」購入したことになります。

何か商品を購入している人は、無意識で自覚がないかもしれませんが、常にこういうことが行われています。


1、「最初から購入目的で」その商品を検索する人は、 買う気でいるので、レビューを見てよかったらすぐ購入します。

2、買う気じゃないのに、 なんとなく検索をして、見ているうちに必要性に気が付いたり、欲しくなったりして購入するケースもあります。


1の人に売るのは簡単です。

2の人へは、レビュー次第で、興味を持たせて、購買意欲を高めて売る事ができます。

最後に商品を売るのは、 販売者が作った販売ページのセールスレターの役割です。

興味を持たせて、販売ページに誘導するのがアフィリエイターの仕事です。

このアフィリエイトの基本を覚えておくと、 必ず役に立ちますよ。


どうすれば読む人に興味を持たせて、スムーズに誘導する事ができるのか?こちらの記事を参考にしてみて下さい。
  ↓↓
お金の心配を吹き飛ばすコピーライティングの威力とは